FC2ブログ
チン性器オマン毛リオン
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第四話『雨、逃げ出した後』
さて、第四話。
そろそろ、タイトルと内容の被るネタが厳しくなってきましたが・・・今回は天候まで絡むものですから(汗)

話は遡って4年前。
当時のボクには彼女がいました。
その頃で交際約1年。
実際問題として、ココロと反比例して、身体に飽きて来る。
そんな時期でした。


あの頃は、風で悪さをするお金もありませんでした。
なので、こっそり、出会い系やったり、コンパをしたり。

そんなある日。
メールをしていた女の子と飲みに行くことになったんですよ。
まぁ、そこそこかわいい子でした。
で、そのままうまいことホテルお持ち帰りになったんですが・・

よくあるパターン。
朝起きてみて。

"このあとどうしようか"
"うちに来ない?"
"次はいつ会える?"


ん~。なんか様子が変だ。
いや、わかってる。


ボクハコノコノカレシニナッタ・・・


そんなつもりじゃなかったんですよ。
うん。

ちょっとした火遊びのつもりでした。
正直付き合うとかマジ勘弁ですってば。

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・


逃げました(汗)

最悪のことも考え自分と何の関係のない街を選んでたんです。
自分に乾杯。



ホテルを出て、ちょっとトイレと・・・

走りました。

駅を目指して・・・

ひたすら走りました。




外は雨でした。
傘など持っていません。

持っていたとしてもさす余裕なんてなかったでしょう。

・・・・・


びしょ濡れのまま、電車に乗り、家に帰りました。

その夜、当時の彼女の家で、泣きました。
もちろん理由なんて答えられない。
それでも、彼女は優しかった。



青かったあの頃。

結局そんな彼女とも別れ、

今のボクが、居ます。


今だったらどう対処したでしょう。
きっと上手にこなしたことでしょう。
でも・・・ね。


あの時の女の子、ごめんなさい。

呪いとかだけは勘弁してください。


あの時の彼女、ごめんなさい。

そして、ありがとう。
第参話『鳴らない、電話』
6月ぐらいからメールをしている女性がいる。
とあるサイトで知り合った女性。
たまに電話もするし、ご飯も食べに行く。
セックスはまだしていない。

はっきりいって、かわいい。
ボクの性分として、かわいい子にはなかなか手が出せない。
というのも、多少ロングタームでお世話になりたい、と思うから、イキナリ手を出して死亡とか、一回目は性交、じゃなかった、成功してもその後・・・みたいな、勢いだけでした的関係になってしまうのが怖いからだ。

食事の時に一番好きなものは最後に食べるタイプ。
もちろんそう。

そんなわけで、結構地道に積み重ねモードだった。
普通にデートしたり。
語りあったり。

ところが、最近めっきり連絡がない。
メールしても返事がないし、
電話しても出ない。

特に着拒な訳でもないから、嫌われたって感じでもないと思うんだけど、どうしたんだろう・・・

連絡が取れなくなって20日。

唐突に連絡が来た。



"久しぶり~~"

"ずっと連絡取れなかったけどどうしたの?"

"いや、実はね・・・・"


実は結婚してるらしい。
22っていうから、それはないと思っていたが。
それで、旦那の実家に引っ越すことになり、
一人の時間がなくなり連絡取れなくなったそうな。


あぁー。

そうか。

ちょっとした恋心(ホント?)が・・・・


"明日そっちに行くからまた遊ぼうよ"



もういいやー、ってコトで。
ガッツリセックスしました。

あー人妻だったなんてー。
日頃の行いが悪いからってー。

そりゃないよー。

もーこいなんてーしないなんてー




実際、すっごい気持ちよかったし。




無念だ・・・・
第弐話『見知らぬ、天井』
飲みに行った。

男性4人、女性4人。
女の子は直接の知り合いじゃなかったから、今夜はキメてやろうとワクワクしながら向かった。

4人中2人は論外(ブル中野とダンプ松本)
2人は、かわいい。

これはなんとしても、と思い、調子に乗る。

酒を飲む。

酒を飲む。

酒を飲む。

酒を飲む。

・・・・

・・・・

・。fdlsんkvんck。zんz」


ボクの狙いは2人のうち、ヤっちゃんって方。
髪は長い。
胸は小さい。

好み・・・だ。




そのあたりから記憶が薄れる。
ヤっちゃんとジャンケンとかしたのは覚えてる。


・・・・・・


次に気がついたのはどこかわからん部屋。
頭が痛い。

どこかわからないけど、ココが民家じゃないのは明らか。
ソファーにヤっちゃん。

????


????


????



覚えてないって・・・・

モチロンそんなこと言えないので適当に話をあわせる。
頭がガンガンする。

どうしてだ

どうしてなんだ

何も覚えちゃいないけど、セックスしたんだね。
ボク。

あぁ。
覚えてないのはしてないのと一緒。
連絡先も聞いてないし。

こんなことならいっそのこと何もない方がいいってばさ・・


不毛な一日。
第壱話『使徒、襲来』
昨晩。

妄想に頭を膨らませながら、ムスコを弄ぶ。
第壱話だというのに。ボクにセックスはない。

深夜2時。

我が家の隣室より・・・

"んっ・・・あっ・・・ああっ・・・"




????



"んんっ・・・んん~~っ・・・"



????????



パターン青?



使徒、襲来。

自室にて悶々としていたボクに更なる試練。
頭が破裂しそうだ。

"逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ・・・"

どうにも耐え切れなくなったボクは、

ボクは・・・・






隣のセックスをオカズにご飯をいただくのも、悪くないものですね。


ごちそうさま☆
第零話『序章』
もうセックスしかしない。



そう誓った25の夏。

セックス中毒ヒトシのセックス日誌。
セックスした日に更新。
可能ならセックス中に更新(無理か)

頭の中の8割5分はセックス。
人生の7割もセックス。


目指せ先発ローテーション入り(意味不明)
今日現在、中4日。
キンタマの張り具合は限界破裂。

現在彼女はいません。
SF(すこしふしぎ)と呼べる相手は少々。
現状なかなかおいしいローテーションが組めないのです。


どうやってうまくローテーションを組めばよいのでしょうか。
バッティング回避に精一杯。

新規開拓もサボるわけにはいかない。
仕事は忙しい。
メールはキライだ!


でも、やらなきゃならないんです。
仕事しなきゃご飯食えません。
ご飯食えなきゃ生きていけません。
生きていけなきゃセックスできません。
セックスできなきゃ生きていけません。
メールできなきゃセックスできません。
セックスできなきゃ生きていけません。

金で買うのもいいでしょう。
でもね、違うの。

95%の性欲と、5%の恋心。

このバランスがほしいんです。

ほしいんです!



というわけで、これから、セックスしたら、書きます。
可能ならば、セックス中にリアルタイムレポートします。


今もギンギンです、ムスコ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。